sk-designのアプリ
2015年3月23日

後輩100人できるかな?

後輩100人できるかな?

後輩100人できるかな?

を読むには、およそ2分もかかりません。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

後輩ちゃんをホメまくったった→結果wwwww 新たな後輩ちゃんを連れてきました。 後輩ちゃんはホメられて伸びるタイプでした。

このゲームは、後輩ちゃんをホメて100人の後輩を 集める放置ゲーム。

集まってくる後輩ちゃんたちはユニークな肩書きをしています。

肩書きとは? 「社長」「主任」や「リーダー」などですね。 まずは、肩書きにはチカラがあるということを 説明いたしましょう。

肩書きには摩訶不思議なチカラがあります。

誰もがいつかは先輩となり、 後輩を指導してゆく立場となる。 キミだって、いつまでも後輩じゃいられない。 先輩となり、年を重ね、また何かの後輩となる。 そして先輩となり、続いて後輩になり。。。

はたして、先輩が先か?後輩が先か? 今宵もジレンマをかかえ、夜も眠れぬ。。。

はてさて。不思議な話である。 キミはまぎれもなくキミであるにも関わらず、 「先輩」はたまた「後輩」という肩書きによって 立場が変化してしまうのだ。

そう。これが『肩書きのチカラ』です。

例えば、 キミが初対面の人と名刺交換をしたとしましょう。 すると、相手の肩書きは「元レースクイーン」でした。キミは鼻息荒く「レースクイーンっ!!」と、言わずに「ほほぅ。現在は何をされていらっしゃるのですか?」 と、スマートに話はじめます。 相手は、キミがレースクイーンに食いつかず、 現在に興味を持っているという事実に好感触です。

そう。これが『肩書きのチカラ』です。

例えば、 一般的な肩書きに「大人の」とつくだけで、 妄想が膨らんでしまう、キミ。

そう。これが『肩書きのチカラ』です。

ゲームの目的は、キミをリスペクトするはじめての後輩ちゃんをホメて、新たな後輩ちゃんたちを集めキミのグループ派閥を作ること。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリ

タグ